ネットビジネスで収入の自由化に成功! 悠々自適なライフスタイル白書

 

「鈍感力」を身につけると人生観が激変する

 

 

 

こんにちは、藤原晴馬です。

 

仕事だけに限らず、学校に通っているときでも些細なことでくよくよ落ち込んだり、
考え込んだりする時って誰にでもありますよね。

 

 

 

上司に叱られたとき、先生に注意されたとき、仕事でミスをして他の人に迷惑をかけてしまったとき、友人にひどいことを言われたとき・・・

 

様々な場面でへこむ事があると思いますが、そんなモチベーションが低い状態が続くとさらに悪い結果が襲い掛かってきます。

 

下手をすれば、そのことが原因で体調をくずしたり、うつ病になったりと

 

 

 

今回は、そんな負の連鎖を断ち切るための思考法をお伝えしたいと思います。

 

 

鈍感力=鈍い人ではない

 

ぼくがこの「鈍感力」という言葉をしったのは、もう10年以上も前のことですが、いまだにこの「鈍感力」という言葉は自分の心の中で特に大事にしています。

 

これまで仕事関係や人間関係の煩わしい場面では必ずこの「鈍感力」を駆使して乗り切って来たといっても過言ではありません。

 

 

初めてこの「鈍感力」という言葉を聞く人はあまり良いイメージを持たれないかもしれないが、
鈍感力=単純に鈍い力ということでなく、特にメンタルの部分で外からの攻撃を受け流し、すぐにプラスの力に切り替える思考法だと思っていただくと良いかと思います。

 

 

反対に「敏感力」という言葉もありますが、人は様々な場面で敏感になれと言います。

 

「周りの空気を読め」

 

「上司の意図を察しろ」

 

「忖度しろ」・・・

 

などなど周りの状況に対して敏感に自分のアンテナを張るように教えられてきた思います。
特に社会人になりたての頃は。

 

 

僕も会社に入ったばかりの頃は、何をするにも先輩のアドバイスや上司の指示に対して、
また人間関係では色々な場所で影響力のある人の顔色を伺いながら物事を進めてきました。

 

 

もちろんこうした敏感に空気を察する力は必要ですが、
それだけでは、いざというピンチの時に簡単に心が折られてしまいます。

 

 

仕事で些細なミスをして同僚や上司に迷惑をかけてしまったとき、
ちょっと注意されたり、怒られたりしたときにあなたはすぐに思考を切り替えて
ポジティブに立ち回ることができますか?

 

 

周りの空気に敏感な人ほど、自分の軸を支えられないことが多いんです。

 

 

 

言葉の真意を見極めよう

 

 

現代社会では情報が氾濫していますので、過剰に敏感にならなくてもある程度の知識や情報は自然に耳に入ってきます。

 

そればかりか、自分に取ってネガティブな声が耳に入ってくると必要以上に落ち込んだり、気にする必要もないのに考え込んだりしてしまいがちです。

 

これは、ネット社会の弊害の一つだと思いますが、SNSでの誹謗中傷などは典型的な例ですね。

 

 

こういった攻撃のほとんどは「言葉の暴力」です。

 

言っている人は、悪気がないかもしれませんが、言われた本人はどんなに心が強い人でも、やはり気分が良いものではありません。

 

では、どうしたらそんな他人からの言葉に左右されない強い心が身につけられるか?

 

 

 

言葉の真意を見極める

 

経験上、本当に自分に原因があって上司から叱られたりするのは、
将来的に考えるとプラスになることのほうが圧倒的に多いと僕は思います。

 

 

なぜなら、「叱られた事で、早い段階にミスを防げたり、同じような失敗を繰り返さなくなる」という前向きな心に変換することで、素直な性格だと受け取られるようになり相手からの印象も格段に変わってきます。

 

これが、叱られたことをいつまでも落ち込み、ずるずるとマイナスの感情を引きずってしまうと、次の仕事に集中できず、また別のミスをおかしてしまい、また叱られる。

 

仕事でおなじようなミスを繰り返す人の典型的な負のループです。 

 

こうなるとさらに感情が落ち込み、どんどん深みにはまり、
挙句の果てに退職まで考えてしまうかもしれません。

 

 

では、同じ失敗をしてもその後、「相手から良い印象を持たれる人」と
「退職まで追い込まれてしまう人」との差はなにか?

 

 

それは、「言葉の真意を見極めて」 前向きな心に変換するということです。

 

 

そして「鈍感力」とは、この前向きな心に変換するというという部分に大いに役立ってきます。

 

 

 

例えば、「どんなことでもすべてポジティブとらえましょう」と他人から言われたところで、
本心からそう思わない限り、どんな人でも感情のコントロールは到底できないでしょう。

 

 

そのために必要な切り替えとして
「相手の言葉の真意は何なのか」を見極めることが特に重要です。

 

 

つまり、叱られたり、怒られたときを振り返って

 

「この人は、私(僕)のためを思って注意してくれているんだ」というポジティブな切り替えがいつもできると、
相手の言葉が心に響き、同じミスを繰り返すことが無くなり、次はしっかりやるんだ。という気持ちが強くなってきます。

 

 

ただ、その真意を理解できないままでいると
「どうして私ばっかり・・・」といった感情が先に立ち、先ほどの負のループにはまってしまいます。

 

 

 

心を折られないための“バリア”を身につける

 

 

 

鈍感力を身につけている人の大多数は、

 

「他人の言動など一切気にせず、受け流す」

 

この域に入ってくると、毎日の生活もストレスが殆どなくなってきます。

 

だからと言って、人からの意見をすべてシャットアウトして「聞く耳を持たない」というわけではありません。

 

 

同じ物事に対しても意見は人それぞれです。 
そして大多数の意見に従うほうが、波風が立たず平和的な生活が送れるという意識を多くの人が持っています。

 

 

ただ、その意見があなたの本意でない場合
まわりに流されたまま時間がすぎると、必ずメンタルにひずみが出てくるでしょう。

 

 

そんな時は、自分の意見はしっかりと自分の心に刻み込み、人の意見は基本的に受け流す

 

 

そんなメンタルトレーニングを続けていると、知らず知らずのうちに、
目に見えないバリアのようなものが身についてきます。

 

 

人の意見をすべて否定するのではなく、あくまでも自分の意見と自分の本心を尊重して自分を信じるのです。

 

世の中に自分以上に自分を信じてくれる人はいません。 家族であってもです。

 

 

よくアスリートが試合前に「自分を信じて頑張れば結果は必ずついてくる」と言っていますよね。あれと似ていると思います。

 

 

 

そして最後は、「なんとかなる」という気持ちを心のどこかで持っていれば、不思議に乗り切れちゃうことが殆どです。

 

あまり完璧主義を目指さず、多少不出来だったとしても自分を信じる心を軸にさえしていれば「鈍感力」があなたの心を守ってくれます。

 

気になった人は試しにやってみてくださいね。

 

 

 

 

そんなメンタルを手に入れる方法の詳細は、メール限定で公開しています。

 

 

さらに

 

 

なぜ、たった一つのブログからインターネット超初心者が

 

毎月100万円以上稼げるようになったのか?

 

 

また、『最短の稼ぎ方』だけでなく、『本当に役に立つノウハウ』や『戦略的な思考』など実体験を交えてお届けしています。

 

普段の生活では、なかなか気づかないポイントや自由なライフスタイルに繋がるお話を盛りだくさん綴っています。

 

今なら登録無料&豪華特典がついています。

 

 

興味のある方は、こちらからどうぞ!

 

 

 

 

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく

無料メールセミナー

 

 

メルマガ購読を受講されると“成功するまでの道筋”を記した特典書籍が、今すぐ無料で読めます。【期間限定】なので お早めにどうぞ。

 

アフィリエイト,自由,脱サラ,稼ぐ,副業,起業,ネットビジネス,セミリタイア,ブログ,初心者,成功

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功までの軌跡

〜鎖に繋がれた人生からの脱却〜

 

過労死と隣り合わせのブラック企業脱出からの大逆転人生を綴った物語。

 

金なし、コネなし、スキルなしの社会不適合者が4つの自由と幸せな日常を手に入れるまでの道のりを描いた電子書籍。

 

(PDFダウンロード版)

 

 

アフィリエイト,自由,脱サラ,稼ぐ,副業,起業,ネットビジネス,セミリタイア,ブログ,初心者,成功



電子書籍の感想を送っていただいた方の中から毎月抽選で

 

新型モデル
ノートパソコンが当たる!!

 

(※NEC[LAVIEシリーズ]156,800円相当)

 

※賞品は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承願います。(写真はイメージです。)

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る