ネットビジネスで収入の自由化に成功! 悠々自適なライフスタイル白書

 

  僕らはコロナなんかに絶対負けない!!

 

 

 

 

現在この世界に生存しているほとんどの人が、
これ程の経済の落ち込みと医療崩壊に直面した経験はありませんよね。

 

テレビのニュースでは感染者の数を中心に流す毎日が日常になってしまい、
どこか当たり前の空気としてとらえている人も最近では多いのではないでしょうか。

 

 

厚生労働省は、先日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めで仕事を失った人が、見込みを含めて累計20万人を超えたと明らかにしました。

 

東京や大阪など大都市圏が中心で、飲食業や観光業、製造業で特に多かったそうです。

 

その中でもコロナ禍で大打撃を受けて壊滅的な状況にある観光業と飲食業。

 

 

僕は社会人になって初めて就いた仕事が旅行会社だったんですね。 
そしてその後に転職したのが飲食業でした。

 

 

もしあのまま仕事を続けていたら、
今頃僕は路頭に迷い、家族を養うこともままならなかったかもしれません。

 

 

 

見たこともない光景

 

 

人の移動が政府や自治体により規制されたことにより、
街中は閑散として人々は自粛を強いられている日が続いていますよね。

 

外食も控え、旅行も控え、ただひたすら耐えるという点において
日本人は本当にすごいなと思います。

 

 

マスク文化が以前からあったとは言え、新型コロナウイルス発生初期の感染者が他国と比べものにならないぐらい少なかったのは、日本独自の国民性が大きく影響していたからでしょうね。

 

 

今でも町並みは休日にもかかわらず閑散とした日が続き、
夜は政府からの営業時間の短縮要請で、かきいれ時にもかかわらず、
ほとんどの飲食店は断腸の思いで、お店を閉めなければいけません。 

 

ゴーストタウンのような街なみが、あちこちに見受けられます。

 

 

飲食店時代の知人たちも 

 

「もう、限界かもしれない。」 

 

「ここまで頑張ったけどそろそろ廃業しよう」 

 

そういった声が毎週のように僕のところに届きます。

 

 

 

旅行会社時代の仲間たちは、ほとんど転職に追いやられ、
なんとか新しい人生をスタートさせるべく必死に動いています。
子供がまだ小さい人もたくさんいます。

 

 

「頑張ってください!」  
「もう少しだけ耐えてください!」

 

 

 

いずれも昔は商売が繁盛して羽振りの良かった時期には、
笑顔で交流のあった人たちばかりです。

 

 

僕は、何もしてあげれないことが本当に悔しくてたまりません。

 

 

明けない夜はない

 

 

つらい状況が延々と続いていると、誰でも絶望を感じます。

 

「いつまでこんな地獄の日々が続くのだろう」と不安になるでしょう。

 

 

それでも、どんなにつらい日が続こうが必ず収束の時が来ます。

 

「どんなつらいことも、必ずいつか終わる」ということです。

 

明けない夜はありません。

 

どんなに今が真っ暗の闇であっても、いずれ夜が明けます。
もう少しの辛抱だと思って手を合わせて頑張りましょう。

 

決して自らあきらめて命を落とすような真似だけはしないでください。

 

 

皮肉なことに、今回の新型コロナによる世界的な混乱が、
「災害時にもっとも強い仕事はネットビジネスだ」と改めて確認することができました。

 

 

自粛期間が長すぎて、そろそろやることがなくなってきましたが、
こうした仲間たちに向けてできる限りの応援を続けていきたいと思っています。

 

 

夜が明けるのを待ちましょう。 
必ず希望が待っています。

 

 

 

 

 

トップへ戻る